今日も健やかにっ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 晩秋の一休寺!

<<   作成日時 : 2017/12/09 23:29   >>

ナイス ブログ気持玉 105 / トラックバック 0 / コメント 36

京都府 京田辺市に とんちの一休さんの お寺として知られている「 酬恩庵 」 があります。
一休禅師が 晩年を過ごされたことにより 「一休寺」の 通称で呼ばれています。
画像
紅葉が過ぎた 早朝の 一休寺は 少し 寂し気です。

画像
少し前までは イロハモミジが 鮮やかに 色づき 紅葉を楽しむ人たちで 賑やかだったことでしょう。

画像
ですが あえて 時期を外し 静寂な 境内を 独り占めしたかったのですが 先客がいました。

画像

画像 
 菊の御紋の向こうに 一休禅師の
 お墓が 見えます。

 一休禅師は 後小松天皇の皇子であるので
 墓所は 宮内庁の御陵墓として 
 管理されており 門扉には 菊の御紋が
 あります。

 88歳で 亡くなられるまでの25年間
 ここ 酬恩庵で 過ごされました。





画像
京田辺市の至る所に アニメの一休さんのような 可愛い像が ありますが こちらの一休さんは
「有ろじより 無ろじへ帰る 一休み 雨ふらば降れ 風ふかば吹け 」一休  の言葉通り 
ひょうひょうと した感じがあります。

画像画像












   


    本堂に続く道は 掃かれたあとで
    緑の苔が とても美しいです。





画像
小さな澄んだ池には もみじが 地上より 美しく 揺らめいていました。

画像
落ち着いた 雰囲気の 一休寺で 心も一休み のんびり 過ごせました。
さぁ 明日から ガンバロウ! いろいろと、、、、、。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 105
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
「心も一休み」・・・
↑ お見事でございます ・・・

「一休禅師」より
「ゼンジー北京」なら
知っているのですが ・・・
翔おやじ
2017/12/10 05:44
翔おやじさん ありがとうございます
ゼンジー北京さん 楽しい方ですね。
翔おやじさんは 頭 そして とんちが上手な所
は 一休さんと 同じですよ。
フラバーバ
2017/12/10 08:44
『一休寺で 心も一休み・・・』
↑ まづ もって 座布団を一枚!
差し上げたいと思います(^▽^)

京田辺市には 従姉妹が住んでいて
何ていう駅だったか?学園都市のある駅まで
迎えに来て貰って 行った事があります。
(もう 随分昔ですが・・・)
観光とかは していないので
一休さんと ご縁のある所だったとは?
知りませんでした( ゚Д゚)!!

相変わらず 素敵なレポートで・・・
私も半分!ついて行った様によくわかりました
文章も お上手で お写真がいつも
素敵に表現されていて素晴らしいです!!

前回は、ハートの窓だったけど・・・
今度は 菊の御紋の扉でしたねぇ!
次回も 何かの形あり?かな??と
ふと! 余計な事を思ってしまった私でした。
♪のこ♪
2017/12/10 12:41
こんにちは。
晩秋の一休寺、素敵な佇まいですね。
一休さんが晩年を過ごしたお寺さんなのですね。
有名なお寺もいいですが、こういう静かなお寺も味わい深いものがありますね。
機会があれば、また訪ねてみたいお寺さんです。
トンキチ
2017/12/10 12:45
あの可愛らしくてとんちの効いた一休さんが目に浮かびます。
ほんと!ハートの次は菊のご紋。
一休寺の参道の見事な敷き紅葉。
見事な紅葉も素敵ですが終わりかけた有終の美ともいうのでしょうか?素敵です。
一休さんは最後まで奔放に生きて過ごされたと伺います。
きっとこのお寺で幸せに過ごされたのだろうなと晩年の一休さんに思いをはせています。
あっこちゃん
2017/12/10 20:56
♪のこ♪さん ありがとうございます
座布団 ありがたく お受けします。
一休寺は 近鉄新田辺駅 又は JR京田辺駅から
15分位(たぶん) 歩いたところにありますよ。
機会があれば ぜひ お出かけくださいませ。
次回 なんの形かな? プレッシャーをかけないで
下さいよ。
フラバーバ
2017/12/10 21:23
トンキチさん ありがとうございます
紅葉が美しいころは 参拝者も多いのですが
それ以外は 本当に 静かな お寺ですよ。
近所に これといった 名所もないので チョット
寂しいです。枯山水のお庭も 美しいですので
機会を作って 是非 お出かけくださいね。
フラバーバ
2017/12/10 21:27
あっこちゃん ありがとうございます
よく このお寺の横は 通るのですが 久しぶりに
立ち寄ってみました。
敷きもみじ 思っていた以上に 美しく 思わず
チョット 踏んで見ました。カサカサという音が
気持ち良かったです。
一休さん 波乱万丈の 生涯だったようですが
晩年は こちらのお寺で 幸せに過ごされたと思いますよ。
フラバーバ
2017/12/10 21:34
モミジの落ち葉が一面に広がる道、すてきですね。一休さんのお寺ですか。菊の御紋もすばらしいです。静かなお寺でゆっくり散策できるのは心からリラックスできたでしょう。
かるきち
2017/12/10 22:05
かるきちさん ありがとうございます
もみじは もう ダメだろうなと 思いながら
出掛けてみましたが 敷き詰められている紅葉は
色も 鮮やかで とても美しかったです。
よく見ると 菊の御紋 一つ 折れていましたね。
残念です。
あさ 一番に行ったつもりでしたが 先客がいらっしゃいました。
澄み切った空気 小鳥のさえずりと とっても 
癒される雰囲気を 楽しむことが出来ました。
フラバーバ
2017/12/10 22:19
紅葉の絨毯が美しい
池に映る紅葉も美しい

先客がいて独り占め出来なくても心休まるひとときを過ごされたようで良かったですね
明日から色いろ頑張りますか(笑)
毎日、頑張ってるので、頑張りたくないんですけど。。。
時間は待ってくれないので頑張るしかないです
とまる
2017/12/11 01:00
静寂な境内を独り占め
うふ・・・先客ありでしたか
素敵なお寺で一休さんも
心安らかに眠って
いらっしゃるでしょうね
ジュン
2017/12/11 12:49
とまるさん ありがとうございます
もみじの絨毯は 予想以上に 美しくかったですよ。
朝一番乗りのつもりだったんですが 先客がいらっしゃって
チョット悔しく思いました。
明日から いろいろ頑張るつもりでしたが まだ
エンジンがかかりません。
とまるさんみたいに 精力的に がんばれる方は
羨ましいです。やはり 年には勝てませんね。
フラバーバ
2017/12/11 19:57
ジュンさん ありがとうございます
早起きをして 行ったのに まだ早い人が
いらっしゃいました。
静かななか 小鳥のさえずりが 嫌に大きく聞こえました。
一休さんは 今も みんなから 愛されていることを
嬉しく思ってらっしゃるでしょうね。 
フラバーバ
2017/12/11 20:02
こんばんは!
一休さんが眠るお寺、静寂が伝わってくるようです。
良い雰囲気ですね。
一休さんのようにものにとらわれず自然体で生きられたらいいなぁといつも思いますが、凡人すぎてなかなかそうはいきません。
うふふ
2017/12/11 22:11
今晩は。
時期を外しての訪問、穏やかに、たっぷりと心を癒すことができますね。
あれこれ考えるのもいいでしょう
行ってみたい場所ばかり---
行き当たりばったり
2017/12/11 23:22
うふふさん ありがとうございます
一休寺は 京都のはずれにあるためか 訪れる人は
少ないですが 歴史のある有名なお寺なんですよ。
そうですね。自然体で生きる というのは 難しいですね。
私も一休さんに近づけるよう 修行しますね。
フラバーバ
2017/12/12 10:05
行き当たりばったりさん ありがとうございます
落ち葉のモミジも綺麗かな、、と思い行ってみました。
思っていた以上に フンワリ紅葉が敷き詰められていて
とても美しかったですよ。
何も考えずに 歩くのも いいですよ。
でも どうすれば 美しい写真が撮れるか そればっかり
考えていたように 思います。それも 楽しいですよね。
フラバーバ
2017/12/12 10:11
散り紅葉の景色も趣があって癒されますね。
一休さんが眠る静寂なお寺ですね。
あの可愛い一休さんとは程遠い像にほっとしました。
世俗の全てを背負ってくれたのでしょうね。
良いお寺にご一緒できました。
みなみ
2017/12/12 10:49
一休さんゆかりの一休寺の秋の一日、参道の落ち葉が色濃く茶に染まり、晩秋の佇まいですね。京田辺は今では市に昇格していますが、少し前は、かなり淋しい所でした。これが売りの寺でしたが、このところの開発で、賑やかになっていると親戚から聞いています。一休さんはどんな頓智で今の繁栄を見ているのでしょうね
ミックン
2017/12/12 21:25
みなみさん ありがとうございます
散りもみじも 本当に 風情があっていいですね。
これを期待していったんですが 予想以上に 美しく
嬉しかったです。
町のあちこちに 可愛い一休さんが 立っていますが
このお寺に立っていらっしゃる一休さんを見ると
なんとなく 親しみがわいてきて みなみさんが
おっしゃるように ホッとする雰囲気がありますね。
フラバーバ
2017/12/12 21:57
ミックンさん ありがとうございます
一休寺 ご存じだったんですね。
京田辺市も 今年 市制20周年を迎えて いろいろな
行事が 行われましたよ。新幹線の駅もできるようで
ますます 賑やかな街になりそうですよ。
一休さんも 喜んで下さっていることでしょうね。
フラバーバ
2017/12/12 22:01
モミジの絨毯きれいですね〜。
しっとりとした、少し寂しげな趣が
いい雰囲気ですね。
一休さんのふるさと、いい所ですね。
ふーう
2017/12/13 16:35
素晴らしいレッドカーペット。
散紅葉がいい雰囲気を出してますね。
菊の御紋から覗き見たアングルも
面白いと思いました。
一休禅師の過したお寺かと思うと、
よけい親しみも湧いて来ます。
yasuhiko
2017/12/13 16:37
ふーうさん ありがとうございます
早朝の静かな 境内に ハラハラと散るもみじを
みると 少し 寂しくなってきましたよ。
先客さんが いらして 良かったのかもしれません。
一休さんは ここがお気に入りだったようで
大徳寺の住職になられても ここから 通われたそうですよ。
フラバーバ
2017/12/13 21:24
yasuhikoさん ありがとうございます
レッドカーペット 少し カサカサと音がしますが
趣のある素敵な カーペットでしたよ。
菊の御紋 後で気が付いたのですが 花弁が一部
欠けていたのが 残念ですが いい感じに撮れました
でしょう。私は気にいっています。
一休さんは いろいろご苦労があったようですが
晩年は 心穏やかに 過ごされたことと思います。
フラバーバ
2017/12/13 21:30
こんにちは
若い頃に幾度か行ったんですが、今回このブログで新鮮な気分で見ることができました。
やっぱり研究してから参詣するのがいいんですよね。
一休さんが皇室の出身とは知りませんでした。
いい勉強になりました。
ナワチャン
2017/12/14 09:45
京田辺市は分かりませんでしたので地図をみてみました。京都と奈良の間の微妙なところなのですね。そのせいでしょう、私が持っているガイドブック「京都」「奈良」のいずれにも一休寺は載っていませんでした。
数年前に行った「浄瑠璃寺」「岩船寺」も載っていません。ということは関東などから、この近辺の寺に行く方は少ないのかもしれません。
関西では著名かも知れませんが、大混雑する時季に行くところとしては「ねらいめ」の地域かもしれませんね。来年、関西に出かけることがあったら・・、覚えておきます。
人生ゆっくり
2017/12/14 13:48
ナワチャンさん ありがとうございます
最近は 少し 洗練されて いい雰囲気になっていますよ。
そうですよね。 行くからには 少し 勉強してから
行った方が 見どころを 逃さずに楽しめますね。
やはり 紅葉の時が 一番美しいと思います。
来秋 に 是非 お出かけください。
フラバーバ
2017/12/14 14:40
人世ゆっくりさん ありがとうございます
私の持っている ガイドブックも 平等院までしか
載っていませんでした。
浄瑠璃寺 岩船寺に行かれたんですね。
いい所でしょう。
京都の中心から離れた所にも 歴史あるお寺が 沢山
ありますので ぜひ 機会を作って お出かけくださいね。
フラバーバ
2017/12/14 14:45
もみじが たくさん落ちて きれいですね〜。
その上を歩いたら きっとふわふわするのでしょうが 歩いたらいけませんよね。
歩けるところは きれいに 掃いてありますから〜。
京都は いつ行っても 見ごたえのある所です。
うちからは そう遠くないので 何度も行きましたが また行きたいな。
あさがお
2017/12/15 12:29
一休さんは私もアニメを通して知りましたが、その後に歴史書や宗教書を通して知った一休さんとの違いが多くて驚いたことがあります。でもアニメの一休さんも良いですよね。
ここがリアル一休さんが過ごしたお寺なのですね。一度訪れてみたいです。
降魔成道
2017/12/15 19:44
あさがおさん ありがとうございます
そうなんですよね。 ふわふわの 落ち葉の上を
あるけば 気持ちいいでしょうが 美しく 寄せてあるので
踏むのを 躊躇してしまいます。
京都は 身近にあって いつでも 行けるのでいいですね。
まだまだ 知らない所がありますので これからも
調べて 訪れたいですね。
フラバーバ
2017/12/15 22:00
降魔成道さん ありがとうございます
一休禅師のような 生き方は マネできませんが
いつも自分を見失うことなく 形式にとらわれない
素直な生き方を 参考にしたいです。
アニメの一休さんのような 像は 町のあちこちに
ありますが 晩年の 一休さんの像は 何処にでも
いそうな 親しみの感じる 姿ですよ。
やはり 紅葉の時が 美しいと思います。
そのころに 是非 お出かけくださいませ。 
フラバーバ
2017/12/15 22:09
先客の方も同じ考えだったんじゃないでしょうか。
水面にはっきり写る紅葉もいいですが、ゆらゆら揺れる紅葉を眺めるのもいいですね。
流布院
2017/12/16 22:55
流布院さん ありがとうございます
観光は 朝早く行くのが いいですよね。
これから寒いので チョット 考えてしまいますが
ゆっくり 楽しみたいですので 一番乗りを目指します。
揺れる紅葉 実際は もっと 美しかったですよ。
フラバーバ
2017/12/16 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
晩秋の一休寺! 今日も健やかにっ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる